読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッテリーが安い~!オートバイメンテナンスを予約なしで買うならココっ!

サイズは問題ありません。ホンダリードJF19用に購入、バッテリー液未注入なので必要な時に使用でき安心です。純正品より安い点が気に入りましたが、2〜3年もってくれたらOKと考えてます。

イマが買い時♪

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

バッテリー メンテナンス オートバイ台湾ユアサ【YTX7L-BS】【液別】【1年保証】密閉型 MFバッテリー メンテナンスフリー バイク用 オートバイ【GTX7L-BS】【FTX7L-BS】【KT

詳しくはこちら
 b y 楽 天

箱の取説が外国語のため良くわからないのが難だけど!YUASAのHPに交換方法が載っているので!難なく交換できました。ST250Eで使用。これだけで、台湾ユアサにしてよかったと思っています。取扱説明書が日本語で書かれていないのが難ですが!取扱いの知っている人なら十分だと思います。液を入れる手間はありますが、さすがユアサです。おおよそ3年前に同型(台湾ユアサ)を購入。初期作業があり面倒ですが、台湾ユアサ製の信頼性と、なんといっても価格がリーズナブル。以前!台湾製の無名メーカーの安いバッテリーを付けたら!わずか1年でダメになったので!今回は台湾製でもユアサですからもう少し長持ちしてくれる事を願います。元々、バッテリーは消耗品ですし、価格が3倍ならば、3倍長持ちするのならば納得ですが。長く持ってくれればいうこと無いのですが。簡単に取り付けられました!これでツーリングも復活です!ありがとうでした!一昔前の中華製バッテリーは粗悪品が多かったですが、一応台湾湯浅なので信頼できると思います。しかし!最近走行中に原因不明のエンストの繰り返しが起こり!交換することにしました。液を入れただけでも十分でしたが念のため充電器にて二時間ほど行いました。ホームセンターの1/3以下の値段で買えて!しかも安心のYUASA製。後はどのくらい持つか?ですが!1年補償付きなので1年は安心でしょう。また機会がありましたら宜しくお願いします。充電してから使用し、パワフルにエンジン始動できています。補充電しながら思った以上にながもちしました。次回も購入予定です。無事商品の方届きました。同じ様な症状で悩んでいる方がいれば、一度バッテリーを交換してみるとよいかもしれません。バッテリー交換のため注文しましたが、近くのSVホームセンターで購入する約1/3の値段で購入できました。前のバッテリーが弱くなってきた感じがしたので取り付けてみました。お店の対応もスーパーセールなのに発送が早く非常に良かったです。液と別となっているのが気に入り購入いたしました。台湾製と日本製の品質に多少の差はあっても!寿命はほとんど同じではないかと・・・安いほうがいいです。GSではないにしてもYUASAマークでしばらく安心できそうです。。緊急用の買置きです。交換して1日目ですが、症状がでなくなったのでバッテリーが原因かと思っています。台湾ユアサ製ですが十分使えています。6年近く利用していたバッテリーは弱っており!交換時期であるとは感じていました。中華バッテリーと違い、本体のサイズも規格通りに作られていて、バッテリーのサイズが1ミリメートルでも大きいと搭載できないKLX250にもちゃんと搭載できました。密閉型バッテリー用充電器を別途用意しましょう。あとは寿命がどれくらいあるか。説明書もあり!充電して使用してますが!特に問題ありません。説明書が何も入ってないので、バッテリー交換した事ない人に分かるのでしょうか〜!?バイクの掛りが悪く充電を何回か行ったのですが、諦めこのたびバッテリーを購入いたしました。おかげさまでバッチリエンジンスタートです。バイクはバリオス2です。確かに中華バッテリーよりは割高ですが!台湾とはいえユアサの名前が付いているだけあって!ちゃんと作られています。キックの無いバイクには必需品ですよ。短期間で届き休日には乗り回せて助かりました。マグナ250に使用していますが今のところ全く問題ありません。取り付けて、1ヶ月近くになりますが、元気にセルは回ります。今回限界と思い発注しました。2002年モデルのKLX250に使っています。最初の1回目だけですが!あまりにも掛かりが早すぎてびっくりしました。細かいところでは、端子が板ナット脱落防止の形状になっていたりします。すぽっと入ります。それでも押しかけなどして使用していました。台湾ユアサで!見劣りしないしっかりした作りのバッテリーです。始動から快調に乗れています。迅速丁寧な取引が良かったです。始動性は抜群です。我が家にはバイクが4台ありますので今後もバッテリー交換の際はぜひ利用したいです。液を入れただけでは若干電圧が低く(12V以上はありましたが)、満充電というわけではありませんので、バイクの発電能力はそれほど高くはありませんから、使う前に補充電したほうがいいでしょう。